スターホテル郡山 公式ブログ

郡山インターから約10分!会津〜猪苗代湖の観光の拠点に最適なホテル

English Page


.

スターホテル郡山のブログ


福満虚空蔵尊と粟饅頭

皆さんこんにちは。

今回は会津の柳津町で有名な福満虚空蔵尊と粟饅頭について書いていきたいと思います。

まず、粟(あわ)まんじゅうの由来について

今からおよそ170年前、日本三大虚空蔵尊の一つ福満虚空蔵尊のその界わいが大火災にあって、当時の喝巌和尚が2度と災難に「アワ」ないようにとの饅頭をつくり信者一般に御護符として配ったものが以来、柳津の名物となったと言われています。

awa.jpg


粟饅頭の特徴

粟と餅米を混ぜた生地にこしあんを包んで蒸した饅頭です。

色は粟をイメージした黄色で、粟のつぶつぶした感触と、餅の粘りを持ち合せた独特の食感が特徴です。

基本的に手作りで、店頭では職人がおちょこのような型に詰めて作っている光景が見られることもあります。

福島の物産展では定番商品の一つとなっていて、手作りのため製造に時間がかかり、行列ができることもあります。

また賞味期限が短く、2日も経つと硬くなってしまうので、長期保存する場合は冷凍する必要があります。

awa max

福満虚空蔵尊にていて

福満虚空蔵尊圓蔵寺は日本三大虚空蔵尊の一つとして、会津を代表する名刹として多くの信仰を集めております。

毎月13日は福満虚空蔵菩薩の縁日です。

縁日とは有縁日の意で神仏の降誕・示現など特別の縁があるとして祭典・供養を行う日です。

寺社にはそれぞれの縁日がありこの日に参詣すると大きな御利益があるとされ、虚空蔵菩薩の縁日は五如来・一明王・七菩薩が「十三仏」として祀られているなかでの十三番目の仏事供養の主尊としての仏様であるところから十三という数字を大事にしていて毎月の十三日が縁日とされているといわれています。

ぜひ皆さんも一度は福満虚空蔵尊に行かれて、名物である粟饅頭を食べてみてはいかがでしょうか。

福満虚空蔵尊.jpg

佐藤(友)
- | -

明けましておめでとうございます。

d4770bea73c7f01e659490ad2a68c874.jpg


明けまして、おめでとうございます。

昨年は、スターホテル郡山をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

2013年も従業員一同笑顔で皆様をお迎えして参ります。

引続きご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。



さて本年の干支は、ヘビということで、昨年に続きまして干支にまつわる豆知識を紹介いたします。


皆様はヘビについてどのような印象をお持ちでしょうか?
怖い・気持ち悪いでしょうか、はたまたかわいい・かっこいい・飼いたいなどでしょうか。

私の場合、ヘビにはなんとなく怖かったり不吉な印象を持ってしまいます。しかしながら、ご存じの方も多いようにヘビはとても縁起の良い動物だそうなのです。


長い体は長寿に通じ、特に白ヘビは神の使いとされ、白ヘビに出会うと幸運が訪れると言い伝えられています。


また、皆様は「ヘビ年生まれはお金持ちになれる」とお聞きになったことが一度はありませんか?他にも、ヘビの脱皮した皮をお財布に入れると財運がつく、宝くじがあたるなどの言い伝えが昔からあるそうです。

さらにヘビの脱皮は「再生と生命力」を連想させ、ヨーロッパでは、ギリシャ神話の名医であるアスクレピオスが持っていたとされるヘビが絡みついた杖が、医療の象徴として現在もシンボルとして救急車や医療関係に用いられています。
WHOのマークにも「アスクレピオスの杖」という、ヘビの絡まった杖が、用いられているのです。


ヘビは執念深いと言われる生き物ですが、恩も忘れず、助けてくれた人には恩返しを行ってくれる動物だそうです。もしも、ヘビに出会うことがあったら怖がって逃げたりせず、優しい気持ちでそっと見守ってあげるのが良いのかもしれませんね。


長くなりましたが、輝かしい新年を迎え、皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
寒い日が続いておりますが、どうぞご自愛くださいませ。

宿泊部 小松
- | -
1/1

このページのトップへ